忍者ブログ







UK ROCK中心の音楽に全身まで浸かる日々。
ADMIN | WRITE| RESPONSE■■■■
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Arctic Monkeys / I Bet You Look Good on the DancefloorFranz Ferdinandの大成功以降、気が早いことにメディアは「ポスト・フランツ」を血眼になって探している状態のUKロック界。
Maximo Park、Kaiser Chiefs、The Departure等々・・・いちいち「コイツらは本物だ!」と言われるものだから、最近は新人のデビュー盤の帯の謳い文句を見ては懐疑的になってしまって困る。
で、結局誰が本物なの?

何組いるか解らない「今度こそ本物の新人」の中で、今とりわけUKで「話題騒然」となっているバンドが『北極猿』という名のこいつら。本国ではとうとうシングルが1位を取ってしまったという半端無い超新星。
日本でもUKロックファンの間でどこからともなく噂が広がり、アルバムも出ていないのに来日ライブのチケットは完売、急遽同日2公演とすることが決まったほど。
そんな話を聞いておいてTOWERの試聴コーナーで見つけたら、聴かずにいられるわけがない。
ジャケットデザインもなかなか格好いいシングル盤"I Bet You Look Good On The Dancefloor"は、フランツの新譜と並べて置いてあった。

なるほど、これは騒がれるのも解る。UKロックファンのツボのド真ん中だよ。
けれん味なく、でも初期衝動ほどノータリンでもなく、UKの土で純粋培養された正当派ロック。
Kaiser Chiefs、The Braveryあたりのニューウェーブ系のヒネた音に食傷気味になってた人達にとっちゃ、これを聴いたら「久々にリバティーンズみたいな奴らが出てきてくれた!」と諸手を挙げて大歓迎モードになるんだろうな。
何よりこのバンド、底が知れない。あくまで現時点である音源を聴いた限りでは、という話だけど。
ここしばらくのUK新人バンドのデビュー盤が、数曲聴いただけで、ああこの人たちはこういう音が好きで、こういうのを作りたいのね、というのがだいたい解ってしまい、次のアルバムを聴いてみたいという気があまり起きないのに対して、このArctic Monkeysは、これだけで終わるバンドじゃなさそうだと聴き手に思わせる「何か」を持っている。
そこがこのバンドが他の数多の新人達と1ランク違う扱いをされている最大の要因だと思う。

とりあえずアルバムを早く聴いてみたい。アルバムだと意外と退屈になってしまってるかもしれないし、あるいは本格的にヤバくなってるかもしれない。

どうでもいいけど、シングルの3曲目のタイトル"Chun Li's Spinning Bird Kick"には日本人としてはどう突っ込んだらいいんだろう。
PR
行く予定。でも授業があるから行けないかもしれない。
ライブ成分を補給したい。
最後にライブに行ったのは去年11月末のFranz Ferdinand単独だから、もう1年近く箱の中で生音を聴いてないのである。

そのFranzは来年2月に武道館で単独公演決定
UKのロックバンドとしては、Oasis、Blur、Radiohead以来の武道館公演だというからビッグになったもんだ。
aqualung久々に聴いた、正統派UKソフトロック。
泣けるほどに美しいメロディと切なくて甘い声、ああこのメロウな空気感。触ったら壊れてしまいそうなこの繊細さ。
UKでCMにこの曲が起用され、放映された途端、そのあまりの美しさに問い合わせが殺到したとの話もさもありなん。

しばらくはこの曲をBGMにとろけてしまうがいいよ。

aqualung日本公式
BGM変えました。
Stingのシングル曲だと、映画レオンで印象的な使われ方をしていた"Shape Of My Heart"や、一流ジャズミュージシャンとのセッションが素晴らしい"Englishman In New York"あたりが人気曲だけど、私が一番好きなのはこの一曲。
Stingがソロになって初めてのアルバム"ブルータートルの夢"収録。
綺麗な旋律の中に一抹の狂気を感じる。
久々にまともに音楽の話をしてみよう。

ついさっき、サマソニ公式サイトにて日にち分けと第6弾アーティスト発表がされていて、開いてみてびっくり。

今年のラインナップはなんというか・・・マニアックにゴージャス。
パッと見あまりビッグネームがいないようでいて、その実「その方面では圧倒的人気を誇る」的な人が多い。
一番の目玉はNINになるのかな。あまり来日してないみたいだし。
でも私の中での最大のビッグゲストはLa'sなんだ。本当にリー・メイヴァースとジョン・パワーが組んで来るらしい。このニュースを初めて見た時は目を疑った。

個人的に見たいアーティストをピックアップしてみる。

[8/13]
・DURAN DURAN…日本でのソロ公演がキャンセルされたばかりだったような。しかも田舎で農業してたドラマーのロジャーの骨折のせいで。
なんにせよ80'の安っぽいニューウェーブ好きとしては一度見ておきたい。
・The Departure…以前このblogで取り上げたような気もするUKバンド。PVみたらまんま'80な造りだったので笑ってしまった。今後が気になるバンド

[8/14]
・OASIS…好きになったのは最近かもしれない。ずっとBLUR派だったから。
リアムの声が素直に好き。
・Bloc Party…なんだか凄いことになってるっぽい。実は視聴しかしてないんだけど、ドラムがイカれてる。強烈なビート感。ライブではずっとドラマー見ちゃいそう
・Tha La's…生で聴きたい、ダミ声のファンタジー。
・The Ordinary Boys…君らまた来るんか。Kasabianにも言えることだけど。最近の曲はイマイチな感じがするんだ、頼むから頑張って。

・Tommy Guerrero(ビーチステージ)…これまた「その方面では圧倒的人気を誇る」人が、東京オンリーでビーチステージに出ちゃうもんだから、大阪の人は怒り心頭だとかなんだとか。


東京二日目に見たい人が多いんだけど、デュランもかなり見たいんです、どうしたらいいんでしょうか。
私が無知なだけで、聴いてみたら興味が出るようなアーティストが色々埋まってそうな雰囲気。

La'sの為に2日目だけはなんとか見に行くつもりではいる。新譜出すんだろうか。そもそもリーのやる気はいかほど?
Powered by 忍者ブログ
Copyright © [ LOCK STOCK ] All Rights Reserved.
http://lockstock.blog.shinobi.jp/

忍者ブログ | [PR]
 CALENDAR
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 Last.fm
 PROFILE
HN:
MIO
性別:
女性
職業:
会社員(建築系技術職)
自己紹介:
Squarepusher聴きながら卒論の中間発表書いてたら脳みそ溶けそうになった。明らかに失敗。
 SHOPPING