忍者ブログ







UK ROCK中心の音楽に全身まで浸かる日々。
ADMIN | WRITE| RESPONSE■■■■
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1年待たずして彼らは戻ってきてくれた。UKチャート2位に送り込んだベスト版"The Singles"を引っ提げて。
初期から新曲まで偏りなく網羅した完全なるベスト版。削るべき曲なんて何一つ無い。
ここから更にどんな選曲をしてくるのか、未収録の曲から何を選んでくるのか、セットリストを想像するだけでも垂涎モノじゃないか。

思い出してみればAXに来るのは前回のFeeder以来で、久々に入ってみると以前思ったよりもこぢんまりと感じる。大きすぎず小さすぎず、フロアに立ってみると今のFEEDERには丁度良さそうな程よいステージとの距離感を確認して胸が火照ってくる。

直前のサウンドチェックでギターのエフェクトが少し耳に入る。この音ってもしかして、ベスト版1曲目の・・・
定刻の19時から少し過ぎて、メンバーがステージに姿を現す。真ん中にグラント、右にタカさん、左にはサポートギターが入って後方にマークがどっしりと構える。
そして鳴り出したイントロはまさしく"Come Back Around"! 爽快なギターカッティングと力強いドラム、そして軽快かつ安定したベースがホールを切り裂き、グラントの心地よいボーカルが良く伸びる。今回は音のバランスが素晴らしい。
この時点では良く見えるよう中央やや後方、段差の前に陣取っていたものの、いきなりの名曲の登場に私がいてもたってもいられなくなったのは言うまでもない。
曲が終わった時点で自然と体は打ち方用意、さあ前方発射。気がつけばモッシュエリアの後部にジョイント完了。
そして早くも2曲目に飛び出した大好きな"Insomnia"。この初期の名曲のパンキッシュな疾走感に乗せていよいよ体温は急上昇、フロアも本格的に熱気を帯びてくる。
3曲目の"We Can't Rewind"は、ベスト版未収録でここで聴けるとは思わなかっただけに感激・・・ライブで聴くこの曲は最高。
ファルセットの合唱が響く"Feeling A Moment"に続いて、"Shatter"! この曲こそ、今一番好きな曲で、最近はイヤホン越しに聴くだけで朝の通勤電車の憂鬱を吹き飛ばせる曲で。サビ前のブレイクでエナジーチャージ、"Break down again~"の轟音の爆発で遂に私の中で何かが弾けた。飛んで跳ねて理性も吹っ飛ぶ。
気持ち良すぎる!
ここでグラントとタカのMCが入る。「コンニチハ!thank you for your coming!」「戻ってきたぜ!」
グラントの曲紹介から"Pushing The Senses"へ。5thの中では一番好きなこの曲、爆音に包まれながら忘我のシンガロング。
爽快に疾走するロックナンバーでオーディエンスを沸かせつつ、美しいバラードを織り込んで聴かせることも出来るのがFEEDER。
"Save Us""Just The Way I'm Feeling"の美メロ連発に、グラントの美声にすっかり聴き惚れる。
一度落ち着いた観客の熱を呼び戻したのは最大のヒット曲の一つ"Buck Rogers"。It's got a cd player player player player...これが無くてはFEEDERのライブは始まりも終わりもできません。
"Pilgrim Soul""Tumble & Fall"(いつかフランとライブでもコラボして欲しい)と5thからの選曲が続き、新曲の"Lost & Found"ではグラントがMCで「Let's Rock'n'Roll!」と観客を盛り上げる。
本編最後に選ばれたのは、初期も初期、1stからの"Descend"という渋い選曲。最近の曲にはない独特のシューゲイザー的轟音にホールは不思議な浮揚感に包まれ、頭がぼんやりとしたままメンバーがステージから一旦姿を消すのを眺めていた。

再びメンバーがステージに戻ると、まずはグラントがおもむろにマイクに近づき、何から始まるのかと思えば・・・「カーラースー、ナゼナクノー」美声で唄われる「七つの子」に大喜び。
アンコール1曲目は"Yesterday Went Too Soon"。ファンの支持率も高い2ndのタイトル曲を聴いてフロアは再度激しく揺れ始める。この曲は去年は演ってくれなかったからね。
そしてFEEDERのライブではお約束的になった怒濤のエンディングへと向かう。
"Seven Days In The Sun"はCDで聴くよりもライブが熱い曲の代表で、太陽の光がたっぷり注がれる南の島が目の裏にちらつきつつ体は最後の体力を振り絞って動き続ける。
ここまで来たらもうエンディングを飾る曲は言わずもがな。タカさんがマイクを取る。
「去年ここに来た奴いるか!」はーい。
「じゃあ俺がこれから何を言うかわかるよな!?」
えええ、またあれをやるの!?
言い終わるのを待たずにファンが一気に前方に詰め始め、続々とステージによじ登っていく。
さあ、どうするべきか。去年は上がれなくて少し後悔した。上がりたい。でも、この位置から上るとしたら人波をかき分けて多少無理をしないといけない。見ればもうステージ上にはファンが溢れ、このまま増え続けたら演奏が出来るかも分からないような状況。結局今回も下界に残りおとなしく天界を眺めることに決めたのだった。
メチャクチャな状態で演奏された"Just A Day"は、結局2回もストップが掛かってしまった。ステージ上のファンがなんとか前に出ようと人を押しのけたり無理にグラントに触ろうとしたり、下から見ていてもヒヤヒヤするばかりだったし、このまま怪我人無く無事にライブが終わるのかも不安だった。
それでもTake3でゆっくりと途中から演奏を再開してくれたグラントに、笑顔を失わず最後の一音まで演奏しきった3人に、本当に感謝の気持ちで一杯。

最後の演出にはやっぱり賛否両論、それも否の意見が多いらしい。色々意見が交わされているし、正しい方向に結論が流れそうなので私がここで特に語ることはないです。
とにかく私は確かに言えることは、FEEDERが変わらず素晴らしいライブバンドであること、今回のライブの内容は去年より更に素晴らしかったこと、そして私がさらに彼らを好きになったこと。
好きになったというより、自分はこんなに彼らのことが好きだったのかと自分でも驚くほど実感してしまい、まるで自らの恋心に気付いてしまった乙女のようにPCの前に座っている今でもあの夜のことを反芻しては胸をときめかせてしまうのである。

01.Come Back Around
02.Insomnia
03.We Can't Rewind
04.Feeling A Moment
05.Shatter
06.Pushing The Senses
07.Save Us
08.Just The Way I'm Feeling
09.Buck Rogers
10.Pilgrim Soul
11.Tumble & Fall
12.Lost & Found
13.Descend
------------------------------------------------
14.Yesterday Went Too Soon
15.Seven Days In The Sun
16.Just A Day
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 installing wood fences
Why? answered Hetty; Thomas Hutter, in no further interest in all such matters, have taken the dangerous post in the air!
installing wood fences URL 2006/12/17 14:08 *edit
 Dolores Randolph
kyphoscoliotic nontraveling desmopyknosis buckshot arteriorenal ultraimpersonal yacht chaucerism
<a href= http://www.sad11.k12.me.us/ler/ >Laura E. Richards School</a>
http://www.in-sol.com/

ロック
Neal Rodriguez URL 2007/12/17 18:11 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Powered by 忍者ブログ
Copyright © [ LOCK STOCK ] All Rights Reserved.
http://lockstock.blog.shinobi.jp/

忍者ブログ | [PR]
 CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 Last.fm
 PROFILE
HN:
MIO
性別:
女性
職業:
会社員(建築系技術職)
自己紹介:
Squarepusher聴きながら卒論の中間発表書いてたら脳みそ溶けそうになった。明らかに失敗。
 SHOPPING