忍者ブログ







UK ROCK中心の音楽に全身まで浸かる日々。
ADMIN | WRITE| RESPONSE■■■■
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FEEDERのタカ・ヒロセは、まだ浅い日本のロック史において、海外で最も、少なくとも英国では最も成功を収め、ボーイズ&ガールズの人気を獲得したロック・アーティストだと思うし、バンドとしてはすでにUKでは人気・実力とも確固たる地位を築いている彼らだけど、日本ではいつまで経っても「知る人ぞ知る」的な。NHKのトップランナーで一度彼が特集されただけでたちまち新たなファンを大勢獲得したくらいだから、もっと世に知らされれば国民的スターになりそうなものなんだけどね。

さて、FEEDERの来日単独公演は2年ぶり。2年前は行こうか迷って結局行かず、後になって後悔した私は、今回は見逃すまいと気合いを入れて参戦。チケットは完売してたけど、mixiでSMASH先行予約のいい番号のチケットを譲り受けられたのだ。本当にありがとうございました。


1曲目は前日の大阪と同じ"Feeling A Moment"。美メロでドラマチックな曲なのにモッシュの嵐。
ボーカルのグラントが予想以上に近い。そして、近くで見た彼は予想以上に超色男。アングロサクソンでハンサムガイを作ったらこういう顔になる、という位。
タカさんはタカさんで純・日本男児という佇まいで格好いい。
あまり顔を知らなかったドラムのマークはムキムキのマッチョマンで、ドラミングも半端なくパワフル。ライブごとに彼は相当数のスペアのスティックを用意していることでしょう。

"Come Back Around"、"Insomnia"(好き!初期の名曲)、 "Back Rogers"とアッパーな曲が続き、客席は跳ねる踊る歌う。楽しい。
ただ、音とリズムのバランスが少し気になる。マークのドラムが合っていない。
音量が大きすぎるのは音響のせいだとしても、ベースとリズムが噛み合わずちぐはぐした印象。マークの破壊的にパワフルなドラミングは少し苛立っているようにも見える。
"Just The Way I'm Feeling"ではイントロが終わったところで演奏を止めてグラントが笑いながら「Take 2!」。少し心配ながらも会場の雰囲気は和む。
気を取り直して演奏されたこの曲、綺麗なのに力強くもある、美メロ炸裂な屈指の名曲です。
"Pushing The Senses"は否応なしに盛り上がる1曲。私としても最新アルバムからの一番お気に入りで歌詞も完璧、歌いながら跳ねまくっていた。
しばらく最新アルバムからの曲が続いた後、流れてきた"High"のイントロに古参ファンは大喜び。
ほどんどの観客が初めて聴いた新曲"Burn The Bridges"。文句なしに格好良い。
再び1stアルバムから選ばれた"My Perfect Day"はグラントの表現力が増したことで違う曲とも思えるほど完成度が上がっていた。アルバムのちょっぴりヨレヨレな感じのこの曲も好きだけどね。
この辺りからやっと演奏は安定してきたように聞こえた。反面、あまり知名度が高くない曲が続いて、前半飛ばしすぎて客が疲れてきたせいもあり若干客席の盛り上がりが足りない。
ヘヴィな"godzilla"でゴッジラー!のシャウトとともに本編終了。


アンコールは"Tumble And Fall"でまったりを幕を開ける。
しかし2曲目の"Seven Days In The Sun"で客席が息を吹き返す。やっぱり"Echo Park"からの曲は強烈なパンチ力があるね。
いよいよライブは終幕に向かう。
ここでタカが、
「ステージに上がってみたい人はいる? 上がっておいで! セキュリティには言ってあるから!」
どよめきと歓声。
一気に前の方にいたファンがステージの上に詰めかける。女の子も必死でよじ登る。
私もステージに近づこうとするけど、前に人が多くて届かない。
ここでとうとうあのイントロが。
ドゥッドゥルッドゥ〜 ドゥッドゥルッドゥ〜・・・
"Just A Day"
ステージの上のファンも、上がれなかったファンも、狂喜乱舞して歌って踊る。ステージ上で踊っている皆のはち切れんばかりの笑顔、笑顔。
楽しくてハッピーであんなに疲れていた足が自然と跳ねる。まさしくキラー・チューン。

Just A Dayの魔法が解けて、いつの間にかステージから3人のヒーロー達の姿が消えていて、気がつくとバッグを支え続けた肩と立ちっぱなし揉まれっぱなしに耐えた足はボロボロで、でも清々しい気分でいっぱいだった。
演奏、音響に関しては決して完璧とはいえないライブだったし、最後のパフォーマンスも賛否両論だろうね。でも、多くのファン達にとっては最高の夜だっただろうし、私も個人的な体験としては「いいライブだった」という感想になる。
もっと多くの人、洋楽を聴かないような人にも知ってもらいたい愛すべきバンドだ。


01.Feeling A Moment
02.Shatter
03.Come Back Around
04.Insomnia
05.Buck Rogers
06.Just The Way I'm Feeling
07.Tender
08.Pushing The Senses
09.Bitter Grass
10.Pilgrim Soul
11.High
12.Burn The Bridges (New)
13.My Perfect Days
14.We Can't Rewind
15.Waiting For Changes
16.Descend
17.Godzilla

18.Tumble And Fall
19.Seven Days In The Sun
20.Just A Day
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
 無題
ライブ分投入か!
なんか羨ましいな!
オレも行きたい!誰のライブでもいいから行きたい!
行きたい!跳ねたい!踊りたい!
かんざし 2005/11/15 13:47 *edit
 無題
やっぱりたまにライブとか行かないと駄目すね。
こう、体内に籠もってるエネルギーを発散させる感じ。
かんざし氏は日本にきて踊ればいいと思うんだ。
MIO 2005/11/16 23:56 *edit
 無題
やはー★
いいなぁMIOちゃん、ライブかぁ〜〜〜。
私も若くはじけたいっす。
そいえば私もみくしにいます。うふ。
ito_momoco URL 2005/11/17 12:36 *edit
 無題
つか昨日気付いたんだけど、 Foo Fighters が来てたんだ。

http

11月26日、当然のように売りきれ。この国のコトだから1.5万円も払えばステージから30m以内で観られるの確定だったのに。

もう、すげぇガッカリだよ。。。
かんざし URL 2005/11/17 16:31 *edit
 無題
>>momoco
登録させて頂いた。

>>かんざし
もったいないねえ。
ビッグアーティストの大型世界ツアーとかだと結構NZ通るのかな。
ジャパンのトーキョーに住んでるとそういう部分では本当に助かります^^
MIO URL 2005/11/19 11:08 *edit
 無題
来年03月にU2が来るよ!
来週の月曜日にチケット発売!

だが全く興味無いっ!!!
滅亡した!!!!!
かんざし URL 2005/12/02 06:52 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
Powered by 忍者ブログ
Copyright © [ LOCK STOCK ] All Rights Reserved.
http://lockstock.blog.shinobi.jp/

忍者ブログ | [PR]
 CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 Last.fm
 PROFILE
HN:
MIO
性別:
女性
職業:
会社員(建築系技術職)
自己紹介:
Squarepusher聴きながら卒論の中間発表書いてたら脳みそ溶けそうになった。明らかに失敗。
 SHOPPING